FXで勝つ隠された情報公開! こっそり教える秘密のFX勝利方法。

業者あれこれ

ここからは、海外の取引システムを紹介します。
GFTシステムを採用しているブローカーをご存知だろうか。
ここでは、このシステムを採用しているブローカーを見てみよう。
現在GFTのシステムを採用しているブローカーは旧サザインベストメントで現在efx.comとGFT東京支店のみとなっているようです。
過去には、ネクストインベストメントやAFTやアールスリーなどありました。
GFTはGlobalForexTradingの略でアメリカの会社ということだそうです。
世界的に有名でDealBook360という取引システムを用いていて取引を行うのが特徴です。
上記の業者はいわば注文を取り次いでいるわけです。
正確にはPRCとIBと二つにわかれるそうです。
PRCは、本社のGFTとの制約にとらわれることなく、日本にある取引業者と顧客が直接取引することになるものです。
もうひとつのIBの方は、顧客の注文や資金をすべて本社に取り次ぐ形態です。
PRCの方が業者数としては、圧倒的に多かったようです。
ここで注意点があります。
IBの方は、取引を2ヶ月行わないと口座維持手数料がかかってしまいます。
これは、日本の他の業者にはあまりない形態です。
他の業者だと、取引を何ヶ月もしないでほっておいてもアカウントはそのままですが、こちらのGFT系の業者はそうはいかないようです。
他の海外の業者との取次ぎをおこなっている形態はこのような手数料がかかることが多いようです。
スワップ狙いで、ポジションを持っておくことでこの手数料を支払う事を回避している方もいるようです。
GFTのシステム自体の特徴は、扱っている通貨ペアの多さです。
百以上のペアがあるのが特徴です。
さらに、テクニカル分析にも最適で多用なインディケーターが用意されてあります。
またスプレッドも狭いので取引を頻繁にする方にも便利になっています。
また、注意点として初回入金に制限をかけていることです。
初回入金が30万円以上となっていることがおおいようです。
振り込み手数料や出金手数料もかかります。


FXで勝つ隠された情報公開! is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme