FXで勝つ隠された情報公開! こっそり教える秘密のFX勝利方法。

FXにはどんな証券会社があるの

実際にトレードするためには、証券会社に自分専用のアカウント持つことが絶対条件となってきます。
現在では、個人口座のほかに、法人で口座を開くこともできるようになっています。
次に証券会社の違いとして「店頭取引」と「取引所取引」の二つに分類できます。
店頭取引とは、いわゆる一般的なFXブローカーに個人あるいは、法人で口座を開設して取引できる業者と思って間違いないです。
顧客が口座を開設した業者と取引する事になります。
次に取引所取引とは、顧客の注文を金融機関がFXの公設取引所に取り次ぐ、というものだそうです。
その取引所取引の1つとして、東京金融取引所が運営する「くりっく365」などがあります。
いわゆる株と同じく為替を扱う証券取引上のような感じです。
そのくりっく365は東京金融先物取引所が開設しており、大阪証券取引所か開設したのが大証FXです。
くりっく365には、現在、旧スター為替で現インヴァスト証券、楽天、トレーダズ、サイバーエージェント、カブドットコムやGMOが参加しています。
一方、大証FXのほうは、マネックス、カブドットコム、FXプライム、松井証券などがあります。
特徴としては、税制優遇面がこのくりっく365の最大のメリットでした。
しかし、現在は2012年1月1日より課税の仕方が統一され、FXの利益に対する税率は、所得税が15%、地方税が5%ということになりました。
その他のメリットとしては、提示価格面で流動性の高いものとなっています。
また、買い、売りのスワップの差がないのも特徴となります。
顧客に負担がかからないようになっています。
また、顧客が預けた資金は店頭取引と比べても、かなり信頼性の面で高いといえるでしょう。
くりっく365を取り扱う業者が破綻しても、資金やポジションは取引所に委託されているので安心であると言えます。
しかし、店頭取引の完全信託保全ともあまり差がないともいえるでしょう。


FXで勝つ隠された情報公開! is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme